UTMFへ

P4080032






UTMFが日一日と近づいてきました。
期待半分、不安半分という複雑な胸中です。

ここ数日いろいろな方からのお話のなかで
思ったことがあったのでお伝え致します。

UTMF(もちろんSTYもそうですが)は多くの方々にとって
未知の距離のものとなると思います。
私はこのUTMFを単に「レース」ととらえないで欲しいのです。

私はこのレースは「旅」だと思うのです。
自然と自分の内面を見つめながら挑む旅だと思います。
過度に競走を意識せずに、マイペースで
この日のために用意してきた舞台を、応援に励まされながら辿って
頂ければと思います。
しかし自己の限界をしっかりと受け止め辞める勇気もこの山岳スポーツでは
重要なことだと思います。
自分自身をしっかりと対峙しながら行けるところまで楽しんで頂ければと思います。

我々運営サイドは安全面には十分な配慮を致しますが
険しい山岳地を通過するこのレースでは、天候悪化などの事態に
対して対応できる装備を必ずお願い致します。
規定装備は最低限のものとご理解頂ければと思います。

大会まで間近となって来ました。
十分な用意をしていただき、変に臆することなく
自分自身を見つめることができるこの舞台で思いっきり楽しんで
頂ければと思います。

我々も皆さんの思いに叶う大会にしたいと思います。
きっと皆さん人生に大きな印象深い興奮の出来事になると思います。
「楽しむ勇気」で頑張ってください。




 

母校で講演

母校の設立記念式典で講演しました。
訪れたのは、何と25年ぶり。
懐かしい〜。
P4110055P4110054




皆びっくりするほど若いです。(あたり前ですね。)
少しでも何か感じてくれたら嬉しいです。
皆夢を諦めずに頑張れ!
それと「楽しむ勇気」を忘れずに
このような場に及び頂き本当に感謝いたします。
ありがとうございました。 

久々に訪れて驚いたのは
共学になっていたこと(私の時は男子校でした)
そして、皆、まじめだったこと(?)
僕のころはもっと、不真面目というか元気だったというか・・・・。
月日が流れたなという感じでした。



 

大ちゃん独立

一番弟子、スカイランナー松本大選手が
この4月から独立し、スカイレースに専念します。
dai






今年は、主にヨーロッパで開催されるワールドシリーズで
日本人初の総合での表彰台を狙います。
そのほかに、彼のメインフィールドの上信越地域での
様々な取り組みを考えています。
どうか注目して欲しいとともに、暖かく見守って欲しいです。
dai2






彼との出会いは、彼が高校生の時、
あれから群馬をメインフィールドとして一緒に切磋琢磨しながら
お互いに強くなってきたという感じがする。
「これほど能力が高い選手はいない」と思うとともに
うちの両親のみならず、妻の両親からも「大ちゃん、大ちゃん」と
好かれる人懐っこい性格で、一緒にいて心地が良い気持ちになれる
彼の大きな魅力だと思う。
私もそうだったように、これから大変なこともあるかもしれないけど
後ろを振り返らずにとにかく前だけを見て突き進んで欲しい。
人生は自分が思うように描くのが最も楽しい。
ただし、信念だけは忘れず、情熱を持って向かって欲しい。
「頑張れ!大!」

 








 

メッセージ頂きました

先日、自宅近くの小学校で
講演をさせて頂きました。
嬉しいことに、その感想を文集として頂きました。
P3310001






自分の子供のころのことからUTMBでのことなどなど
話させて頂き、いろいろなメッセージを頂きました。
P3310012






正直、どんなことを感じてくれたのだろうと
不安でしたが、どれも一言一言心のこもった
思いを綴ってもらい嬉しかった。
どうか夢を諦めずに頑張って行って欲しいです。









中国のトレイルラン

中国の北京で、トレイルランの講演&セミナーを実施しました。
皆さん真剣な眼差しで、やりがいを感じたいい体験でした。
IMG_5627





130名もの参加がありました。かなり緊張・・・

CIMG0737






前日に北京100kのPRイベントに、100km世界選手権の覇者カミ・セミックさんも参加(右)

CIMG0747CIMG0741






応募のあったランナーと一緒に、万里の長城を走るイベント

IMG_5561IMG_5550





で、当日の午前中は、トレイルランについて語らせて頂きました。
皆さん真剣な眼差し、質問が凄かったです。熱意を感じました。
「UTMFに出たいがどうすればいいのか?」など
UTMF絡みの質問も多かったです。

IMG_5558





トレラングッズを真剣な眼差しで見る参加者。日本のトレラン雑誌はかなり
インパクトがあったようです。

IMG_5571





会場の私の写真。2011年大会のものです。

IMG_5589IMG_5578





で、昼食を食べて午後に北京郊外のトレイルへ。服装はまちまち。
ばりばりのトレイルランナーという方から、ジーンズやワイシャツ姿の方も
バラエティに富んで楽しい。

CIMG0766CIMG0760






あいにく本日未明に雪が降りましたが、皆元気元気

CIMG0755CIMG0753CIMG0751






本当に楽しそうだったので、大満足、こんなに喜んで頂いて、講師冥利につきます。中国来て良かった・・・。

CIMG0757






コースはこんな感じ。明らかに植生が日本と違う。

IMG_5620





質問が凄かった。質問受けるだけで一日終わる感じ。

あっというまの一日でした。
参加者の笑顔がとても印象的でした。








LINK
鏑木毅Official Web Site
鏑木毅の公式サイト。セミナーの情報やマスメディアなどへの出演情報をお知らせいたします。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ