P1010007週末、久々に極上トレイル探しの旅に出ました。

私の中の極上トレイルとは、,匹海泙任盡渡せる明るい稜線、▲▲奪廛瀬Ε鵑あまりなく、足が「お願いだから走らせて」と自己主張する、トレイルはシングルでふっかふっか、そして人がいなければ最高。出会えそうで、そう簡単に出会えないのが「極上トレイル」なのです。

が、発見しました。志賀高原の岩菅山から北にのびる稜線。気持ちよかった・・・。人の気配も全く無く、独り占めといった感じでした。こんなトレイルを伸び伸び走れる・・・、トレランはやめられないですね。

極上トレイルに浸った後は、ちょっと脚を伸ばし、「斑尾トレイルレース」を見にいきました。このトレイルもよかった。静かで、ゆったりとした森。とぼとぼ歩いているだけで、再び活力を与えてくれる感じ・・、レースも温かい雰囲気で本当に良かった。楽しい週末を過ごすことができました。