今年も一年ありがとうございました。
一年間、セミナー、講演会、レースなどで
本当に多くの皆さんとの出会いがありました。
何かと難しいこの時勢に、皆さんそれぞれ違う道で
いろいろなものを背負いながらもご活躍されているのだと思います。
そんな中、皆さんがこういった機会を通じ、多くの方々と知りあえ、
楽しい時間を持ち、生きる活力になっているのだと思うと嬉しく
大変でも頑張ろうというモチベーションにつながっています。
来年も、これらのイベントが皆さんにとって「自分らしく生きている」と強く感じられる場になればと願っています。

私個人の競技面では、2010年は正直、あまり良い年ではありませんでした。それだけに2011年に対しては、怨念のようなものを感じています。
ただ、その気持ちを芯に据えながらも、苦しさ、大変さをも含め大いに楽しもうと思います。志を持ちながら、どんな局面でも「敢えて楽しむ」。打開の道は必ず開けるはずです。

来年は今の努力が報われ、もっと楽しめる年になることを期待しています。
皆さんにとっても最高の年になりますように。

                                鏑木 毅