UTMFの思いを来年につなげるために
大会実施予定日のこの週末に予定コースの清掃活動を実施しました。
告知期間も短く、全くの自主的なイベントだったため
果たしてどれくらいの方々においで頂けるのかかなり不安でしたが
予想を上回る大人数の方々にご参加頂きました。
本当にありがとうございました。
皆様の情熱を必ずや来年のUTMF開催に結び付けたいと思います。

それにしてもゴミがあるわあるわ
一見何もないように見えるトレイルも目を凝らすと、錆ついて
地面と同化した空き缶などがごろごろ
中には、半世紀(もっと古いかも・・)も前と思われるようなものも
多くの方々がゴミ袋いっぱいの回収をして頂きました。
中には、ザックいっぱい+両腕ゴミ袋という方も・・・。

横山さんや間瀬さんといったTNFメンバーに加え
相馬選手やヤマケンくんにもご参加頂きました。
トップ選手のこうしたイベントに参加してくれたことで
多くの方々に素晴らしいお手本を見せてくれたと思います。
相馬、ヤマケン選手には感謝の言葉を伝える間がなく
この場を持ってお礼をさせて頂きます。

多くの方々が、個人的な都合を割いて、この地に訪れ、ボランティアでトレイルを
綺麗にしようという思いにふれ、これは絶対に何とかしなければならないな
ということを誓うとともに、この流れを、トレイルランが担う社会的な役割を明確化する動きにつなげてゆければとも感じました。

レースが想定されたこの二日間は厳しい気象条となりました。
一日目はむせかえるような暑さ、二日目は降雨のため底冷えするような寒さ
レースが実施されていたならば大変なレースになっていたのかもしれません。
改めて、装備やスタッフの充実の重要性を痛感しました。

IMG_2514