二日間にわたりOSJにてUTMFの試走セミナー実施しました。
一日目はコース最難関の富士宮から天子山地を経て、本栖湖へ。
二日目は本栖湖からゴールと本番では最も厳しいルートを辿りました。
P4220147P4220153




先にお話すると、
天子山地は、UTMF公式HPの3月30日のニュース&インフォメーションでも
掲載したとおり、アップダウンが厳しく、ルートが判然としていないため、かなりの熟達者向けのコースです。極力単独行動は避けること、リスクマネージメント力、読図力が要求される区間となるので、くれぐれも慎重な行動をお願いします。
特に
ゞ盪〜地蔵岳の崩落箇所の通過
¬嗅技〜雨ケ岳はルートが判然としていないので
 相応のルートファインディング能力が必要とされます。
P4210129P4210137




写真
上左:金山〜地蔵峠間の崩落地
進行方向左側が切れ落ちかなりの危険箇所となっています。
上右:毛無山〜雨ケ岳間
残雪が多く、ルートがわかりにくいです。
枝に巻かれた黄色のテープを見失わないように進んでください。
〜レース本番には、誘導テープ、危険な崩落地の回避を行います〜

P4210139




一日目は終日霧が立ち込めるなか、まるまる8時間のロングランとなりました。
厳しいルートでしたが、めったに入れない奥深い秘境の雰囲気を感じながら
楽しい時間を過ごすことができました。
P4210144




最後はナイトランで本栖湖へ。

二日目は
ツールドフランスになぞらえれば
一日目は天子はカテゴリー超級のアルプスステージ
二日目はシャンゼリゼへの凱旋といった感じで、ゆったりとした気分でのトレイルラン。
P4220167




最後に、五湖台からの下りで見える
河口湖ゴール
P4180103




本番ではどんな思い出この景色を見てくれるのでしょうか
想像しただけで胸が高まります。

今回もいろいろな方においで頂きました。
夕食の時に、皆さんのおもいをお聞きでき本当に良かったです。
3年ぶりに私のセミナーに来て頂いた方。
わざわざ大阪からきて頂いた方。
皆さん、いろいろなことをやり繰りしながら、
いろいろなおもいでこの場に集まり、一緒に二日間を過ごせたこと
に感謝したいです。ありがとうございました。