UTMFから一箇月以上がたちました。
未だに、多くの方から嬉しいメッセージを頂いています。
本当に開催して良かったと思います。
しかし、興奮の三日間が終わり、世間は新しい流れのなかを進んでいます。

私もレースーガナイザーとしての自分から
レーサーとして新たに頑張るために悪戦苦闘の日々を過ごしています。
まだまだ先が見えない状況ですが、とにかく前を向いて進むしかないです。
これ以外に術はないです。

UTMF終了し
レースのプレッシャーから開放され、
少しずつトレーニングができるようになりました。
しかし、つるぎトレイルランニングレース、OSJ奥久慈トレイルレースと連覇
(いづれも招待選手のため順位はつかず)したものの
まだまだ世界レベルで闘える体調とはいえません。
このため今週末に出場予定だったウエスタンステイツはキャンセルしました。
とても残念ではありますが、この状況ではやむを得ないと判断しました。

しかし、明るい兆しもあります。
UTMFが終わり数日が過ぎたあたりで
2009年のUTMB以来痛めていた故障がようやく治る気配がでてきました。
3年ぶりに痛みなく走れる喜びに今は浸っています。
再び発症しないよう慎重に体をつくってゆきます。
3年間封印していた強度の高いトレーニングを少しずつ取り入れて行ければ
と思います。

とにかく希望を捨てずに前を向いてゆくのみです。