November 2012

香港オクッスファム・トレイルウォーカー2012

香港最大のトレイルイベント 「トレイルウォーカー香港」が昨晩終わり
現在、香港です。
何とか3位に入賞ができました。
この大会はかなりユニークなもので100kmトレイルを4名が一チームで競い、この4名が一緒にゴールしなければ完走と認められません。
このためかなりドラマチックな行程となります。
昨年に引き続き、THE NORTH FACE アジアチームで出場しましたが
今回は故障と多忙でトレーニングが満足にできずに
正直かなり不安な気持ちで一杯でした。
事前に何度か、チームをオーガナイズしているライアンに
「今回はかなり厳しい状態なのでチームを引張ってしまいかもしれない」と
伝えましたが、「とにかく楽しんで走ろうじゃないか」ということで出場を決意しました。
PB150076






しかし香港という街は不思議で、摩天楼からほどないところに自然に溢れた
森が広がっています。

事前に入念な作戦会議が行われます。
補給計画やレース全体のシュミレーションを4名で共有するために
これがとても大事なものとなります。
PB150089






PB160102






当日、不安な気持ちでスタート。
この日は香港にしては涼しいコンディションでしたが
これがくせもので実は湿度が異常に高いため、知らず知らずのうちに
脱水状態に・・・。とにかく給水が大切。
ここ2ヶ月くらいまともなトレーニングができていなかったのでスタミナが
心配。
スタートから50kmを過ぎ、明らかに最も余裕がないのが自分と思いきや
一番軽快だったジェイ(タイ)が突然、疲労困憊の状態に
何度か嘔吐。目線がうつろ。脱水状態、ミネラル不足など様々な原因がうかび
対処。一旦は持ち直したかと思いきや今度は全身が痙攣状態に。
嘔吐するから嫌だという彼に、持っていた痙攣防止の特効薬を無理やり飲ませる。
とはいえレース中。彼に「やめよう」、「休もう」といえないのが辛い・・。
顔が土色になったジェイをロープで引きながら進みます。
彼が果たしてこの残りの数十キロの行程を持ちこたえられるかどうか心配でなりません。
これと時を同じくして
これまたかなり余裕があったはずのストン(中国)が
下りの途中で突然「あー。膝が膝が・・」と
私の経験からしてこれはまさしく脹頸靭帯炎。これがおこると
下りで冷や汗が出るほどに激痛が走ります。
すぐに痛み止めと薬で胃があれないように胃腸薬も飲ませる。
そしてCPごとにマッサージ。激痛が出るので
痛みをごまかすフォームがいかにも辛そう。

しかしジェイが最も危険な状態で最後まで心配。
「大丈夫か」、「給水しているか」、「あと少しだから」と
声を掛け合いながら一緒に進む。
みんな声には出さないが、この場にきたからには
3位以内の表彰台にあがらなければならないと思っているので
「ペースを落とそう」、「休もう」と言えないのが辛い。
具合の悪い一人をおいて行けば、レースは終わり。
このレースの難しさ。今回も身にしみました。

私も事前にロングトレーニングでできなかったため
かなり疲労しましたが、香港の景色の良いコースをかなり
楽しみむことができました。
貴重な経験でした。
402375_4809322241063_1259368988_n[1]402444_4809322521070_578301055_n[1]








155960_4809324121110_1039795651_n[1]59052_4809322841078_1236510122_n[1]


 











 

来年も神流で待ってます

多くの皆さんのおかげで神流マウンテンラン&ウオーク
今年も素晴らしい大会となりました。

レースという感覚でなく、皆で山を楽しむとともに、過疎の町神流を盛り上げるアウトドアイベントという考えでこの大会を企画し、今年で四回目となりました。
年々、高まる期待と
今回は多くの皆さんの支えで、過疎地域振興の総務大臣表彰を頂くなど
大きな出来事があるなど
ある意味、期待にたがわないようにこの大会を実施しなければならないという
プレッシャーがありました。
正直、5月に開催したUTMFとはまた違った重圧がありましたが、
町民の皆さん、とエントリーに漏れた町外の皆さんのボランティア
そして何よりも参加者の皆さんの熱意で、今年も素晴らしい大会になったと
思います。

毎年嬉しいなあと感じるのは
この大会が核となって、私も含め、大きな人の輪が広がってゆくこと。
「こころから楽しい」と思える舞台には
人を結びつける大きなエネルギーがある。
前々から思っていたこの私の考えは、まさにこの神流で確信のものとなりました。

それと嬉しかったのは、初トレイルランの方が例年以上に多かったこと。
神流のコースはその大会の雰囲気とは異なり、とても厳しいコースです。
初心者の方には、大変な経験だったと思います。
今後も、登山とはまた違った感覚で楽しめるトレイルランというアウトドアスポーツを
楽しみながら続けて頂けると嬉しいです。

「この大会が終わると訪れてくれる方も少なくなり、とても寂しい」と
地元の方々は口々に語ってくれます。
この大会以外でも是非また、この地を訪れて欲しいです。
神流の町はいつでもみなさんを歓迎しています。

素晴らしい大会にしていただき
本当にありがとうございました。
そしてお疲れ様でした。

PB090019

 




 

神流の山のなかにいます。

PB090024






今日もひたすら神流の山中をさまよっていました。
コース整備ほぼ完了。
しかし、落ち葉が凄い・・・。
昨日掻いたのに、今日はもう道が埋まってる・・。
皆さんには、とにかく思いっきり楽しんで欲しいです。
神流町全体でみなさんをお持ちしています。
新ミドルコースぜひお楽しみに。
※日曜日は天候が崩れそうなので、雨具・防寒具・手袋などはお忘れなく

PB090020
LINK
鏑木毅Official Web Site
鏑木毅の公式サイト。セミナーの情報やマスメディアなどへの出演情報をお知らせいたします。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ